奥四万十トレイルレース観戦記

ランニング
05 /14 2017
17051406.jpg

 昨年から始まった奥四万十トレイルレースに窪川のTさんが参加するので、応援がてらどんなレースか見に行くことにした。スタートとゴールは四万十町の松葉川温泉だが、コースの3分の2ぐらいにある一斗俵沈下橋で応援することにした。

17051407.jpg

 沈下橋近くにある城ハナ公園が第3エイドになっていて、車をその前にある米奥小学校の運動場に停めて沈下橋へと向かった。到着したのは10時半過ぎだったので、まだトップランナーが通過したぐらい(エイドの方に聞いたところ)だった。

17051408.jpg

 一斗俵沈下橋は四万十川本流にある沈下橋の中で一番古いものだ。この下流にある清水沈下橋を渡ってからこちらの方にランナーはやってくる。今日は晴天で気温もかなり上がってきているようだ。通過していくランナーも汗びっしょりになっていた。

17051410.jpg
 
 橋のたもとには、このような張り紙がしていたが、トレイルレースの途中でやるのかなあと思っていたら、突然、「飛び込むぞ」と言って一人のランナーが沈下橋から飛び込んだ。よく見ると、大会プロデューサーの奥宮さんだった。

17051409.jpg

 その後も後続のランナーを誘って何回も飛び込んでいた。

17051411.jpg

 気持ちいいだろうなあ。自分だったらできるかな。相当余裕がないとできないな。

17051412.jpg

 その後も何人も飛び込んでいて、自分がいたときだけでも20人ほどが四万十川にダイブしていた。結局、帰る時刻になってしまったので、窪川のTさんが来る前にその場を立ち去った。しかし、帰りの車で県道に出たときにすれ違ったので、そこで声援を送ることができた。

 さて、走っているのを見ると自分も走りたくなってきた。しかし、参加するなら、ウルトラ100キロよりも過酷ではないかと思われる。今の自分にできるだろうか?もし、この気持ちを現実のものにするのなら、来年のエントリーまでに練習して自信をつけておくべきだな。やろうかな?もちろん、沈下橋からのダイブも入れて。
スポンサーサイト

2017 May Second Long Run 20.0km

ランニング
05 /14 2017
17051401.jpg

 今朝は5時半ごろに目が覚めたので、7時過ぎからロングに出ることにした。まずは、南コースへ。峠を越えてすぐにUターンして再び峠を越える。これで9キロで、そこから西コースへと向かう。

17051402.jpg

 5月になると、花が咲き沿道も賑やかになってくる。13キロを過ぎたところで折り返す。道の駅まで戻ってきたが、まだ足りないので、東コースへと入る。2キロほど走って折り返す。スプリットは6分台になったのは4回だけだった。最速が5分25秒で、ほとんどが5分30秒から40秒の間で走ることができた。

17051404.jpg

17051403.jpg

17051405.jpg

 終わった後はノンカフェインのゼロコーラを飲む。うまい!

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!