雨漏りの修理

ガレージ
12 /30 2013
13123001.jpg

 庭にある小屋の屋根が雨漏りしていた。もう、数ヶ月前からだったが、原因は屋根の一部に使われているプラスチック製の波板がどういうわけか縮んでしまって隙間ができたからだ。

13123002.jpg

 完全に穴があいているので、雨が降るとそこから洪水のように雨が小屋の中に流れ込んでくる。いつもその下にゴミバケツを用意していたので小屋の床が水浸しになることはなかったが、さすがに応急処置はしなくてはと考えた。

13123003.jpg

 そこで、同じ素材の波板を斜面の上の方にある板の下にかましておくに突っ込んで固定した。これで、雨水は、下の方に流れていくはずだ。止めるのに使ったのは、傘釘と呼ばれるものだ。

13123004.jpg

13123006.jpg

13123005.jpg

 固定した後、早速、水をかけてみた。まったく、下に落ちてくる気配はない。とりあえず成功だ。後の心配は、台風の時にどれだけ持つかということだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!