Sakura Marathon Preview

ランニング
03 /25 2014
14032413.jpg

 幟が立ち、いよいよ迫ってきた四万十川桜マラソンだが、週間予報では天気は下り坂になっている。なんとか早めに回復してもらうことを祈ろう。

 スタートしてからの風景をたどってみた。
14032412.jpg

 スタートしてから4キロほどで若井沈下橋を左側に見ることができる。そこから上りになるが、上りきると第一給水所だ。そして、そこから道沿いにサクラの木が多くなってくる。

14032415.jpg

 サクラも満開になると思うが、昨日はモクレンが満開だった。見事な大きさのモクレンに思わず車を止めてしまった。

14032414.jpg


14032416.jpg

 旧大正町にはいると、上宮沈下橋が見えてくる。この沈下橋を渡るのだが、国道からは下ってわたってからは上りになる。沈下橋の気持ちよさでアップダウンを忘れよう。

14032417.jpg

 しばらく走ってから国道に戻る。国道を走っていると上岡沈下橋が見えてくる。桜マラソンのHPの画面に映っている沈下橋だ。アーチの形になっているのと向こう側の端に水抜きの穴があいているのが特徴だ。

14032418.jpg

 そして、大正の道の駅手前に中間点がある。ここを過ぎると大正の中心地だ。

14032419.jpg

 25キロの関門を過ぎてから、一旦国道に出てから再び旧道に入る。浦越地区にやってくると大きな抜水橋を渡るが、その横に里川沈下橋が見える。

14032501.jpg

 この橋は車は通れない。白くなっているのは最近補修されたコンクリートだ。しかし、そのすぐ横は表面がボロボロになっている。走ってわたると足をくじくかもしれない。

14032502.jpg

 30キロを過ぎてから渡るのが茅吹手沈下橋だ。正式名は新谷橋というが、地元の人は茅吹手沈下橋と呼んでいるそうだ。ちなみに、この写真は国道側から撮ったもので、走るときには遠景を見ることはできない。このあとに400mの坂が待っている。今年も上ったところにあるエイドで、大声で叫ぶ髭のおじさんはいるのかなあ。あの声で勇気づけられるからなあ。

14032420.jpg

 さて、ここまで来ると国道をしばらく走って、昨日書いたように三島を見ながら旧道に入りゴールを目指す。当日もこの写真のように晴れてくれたら最高だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!