第25回まつの桃源郷マラソン 参戦記 その2

ランニング
04 /07 2014
14040611.jpg

 スタートすると、すぐになだらかな上り坂となる。川に沿ったこの坂をゆっくりと上がると、橋を渡って対岸を下っていく。

14040612.jpg

 辺りの田んぼは水を張って、田植えの準備をしている。平地の少ないこの辺りは、山沿いに小さな田が多い。その間に住宅がある。ここから小さな尾根を越えるようにアップダウンが続く。道路に矢印が往復で書かれているので、帰りもここを通るのだろう。

14040613.jpg

 やっと平地に下りてきたかと思うと…。


 なんと!

14040614.jpg

 踏切を渡る。汽車がきたらどうするのだろう。でも、この予土線はめったに来ない。それだけ本数が少ないのだ。昼間などは2時間に1本の時間帯もある。たぶんそれを見越してのスタート時間だったかもしれない。

14040615.jpg

 おさかな館の近くを通っていよいよ桃畑の中に入っていく。ここも斜面なので上り坂だ。急な坂を上りきると…。

14040616.jpg

 桃畑!

 何十本もの桃の木が花を咲かせていた。ここで、ゲストランナーの松野さんとすれ違う。下り坂だったのでものすごくスピードが出ていた。ハイタッチを求めるものの前のランナーとしたので、自分はスルーだった。残念!

 ここまでは、キロ5分40秒ほどのペースできていた。9キロで48分台だったように思う。

14040617.jpg

 愛媛県知事さんともすれ違う。たぶんあの辺りが10キロだったと思う。10キロの表示は見落としてしまったのだ。先ほどの桃畑を抜けて今度は、おさかな館付近から右に曲がり、住宅街を抜ける。ここで再び松野選手とすれ違う。今度はしっかりアピールしてハイタッチ!声をかけながら走っていたが、やはりかん高かった。

 住宅街を抜けた後に橋を渡るがここを左に曲がり、前方の丘をぐるりと1周する。思い出した。確かにこんなコースがあった。また、坂があった。今日は何度目だろう。

14040618.jpg

 この辺りで疲れがたまってきたが、足はまだ動く。アップダウンはあるが下りでは勢いをつけて下る。上りはひたすら我慢だ。

 また、踏切を渡り、尾根沿いのアップダウンをなんとかクリア。そして、最大の坂に入る。10%越えの急坂がしばらく続く。歩いているランナーもいるが、ここは我慢して走る。そして、上りきると今度は同じ傾斜の下り坂があった。ここはスピードを上げて前のランナーを抜いていく。ここを過ぎれば商店街を抜けてゴールだ。

 最後は、また坂を上り、グランドの外側をぐるっと回って、
ゴーーーーール!

 時間は1時間59分40秒で、2時間切り。どうにか今日の目標は達成した。

14040619.jpg

 先週の悔しさを少しは晴らすことができたかな。2週連続のレースだが、自分の考えたレース運びができたことや以前走ったタイムよりも15分以上縮めることができたのが嬉しい。

14040620.jpg

 着替えをして、おにぎりと豚汁をもらう。豚汁はおいしかったなあ。走った後はやっぱり豚汁だ。

14040621.jpg

 ゼッケン抽選やお楽しみ抽選では全く当たらなかった。このあたりは運が相変わらずない。しかし…


14040624.jpg

14040625.jpg

 その後の餅ばいで角餅とタオルをゲット!角餅はちょうど自分の胸にストライクで落ちてきたもの。タオルは、自分の上空を後ろに通過しそうなところで手を伸ばして取った。いやあ、こんな時は背が高いのも役に立つ。

14040622.jpg
 帰りにキジの焼き鳥を買ってみた。鬼北では有名なのかな?帰宅して食べたら若干固かったが、おいしかった。

14040623.jpg

 参加賞は、あられやモモジャム、ウメに米だった。嫁には嬉しい参加賞だ。お土産セットを選んでよかった。

14040626.jpg

14040627.jpg

14040628.jpg

14040629.jpg

14040630.jpg

 5年ぶりの大会だったが、5年前のタイムを更新できて本当に良かった。また、来シーズンのフルに向けて頑張ろう。そして、再び自己ベストを狙っていこう。(おわり)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!