YAMATO 2199 Chapter I Run 10.0km

ランニング
04 /23 2014
14042301.jpg

 ペースは乱れっぱなしだが、気分はすっきりとした走りだった。今日は、龍馬マラソン参加賞のアームカバーとキャップを着けて、龍馬脱藩マラソンTシャツで走る。全身龍馬といった感じだ。そんな今夜のアルバムは…。

14042302.jpg

「宇宙戦艦ヤマト2199 サウンドトラック」

 WOWOWで「宇宙戦艦ヤマト2199」を第1章から一挙放送していた。昨年、TVシリーズで見ていたが、映画版は初めて見た。もちろん、30数年前に放送された宇宙戦艦ヤマトのリメイク作品だ。大筋は同じだが、設定は細かくなっている。

 第1章では、旧作と同じく冥王星海戦の場面から始まる。その最中に高速で飛来したイスカンダルからの宇宙船。その中に地球へのメッセージと波動エンジンの設計図があったというのが旧作だが、今作では1年前にイスカンダルからの使者がやってきていて波動エンジンの設計図を持ってきており、1年かけて宇宙船を完成させたということになっていた。高速で飛来したイスカンダルの使者サーシャが持ってきたのはそのエンジンの起動ユニットだった。前作で、エンジンの設計図が届いて数日のうちに完成したような描写はない。

 もちろん、前作と同じ所も満載だ。沖田十三の「バカメ」発言も同じだ。これ、インパクトあったからなあ。そして、夕陽に映える大和の残骸。大昔に沈んだ戦艦を改造して作ったのが前作だが、今作では敵の目を欺くための擬装ということになっていた。

 それでもヤマト発進のシーンは、旧作のように船体を起こし超大型ミサイルを粉砕して黒煙の中から現れる。このシーンでのBGMも同じ。旧作との比較も楽しみながら見るのも面白い。ここで第1章は終りとなる。やはり、第2章のことも近いうちに書こう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!