第23回朝霧湖マラソン大会 参戦記

ランニング
05 /03 2014
14050303.jpg

 5月の連休初日は、4年ぶりの朝霧湖マラソンへ参加してきた。早朝6時半にたけざきのおにぎりを朝食に買ってから、一路西予市へと向かう。4年前の記事では1時間45分ほどと書いてあったが、今回も途中の休憩も含めてぴったりその時間で到着した。

 会場はすでにいっぱいになりつつあった。フロアに陣取っていると3番さんがご夫婦でやってきた。今回は10キロに出場とのことだった。とぎ(土佐弁で一緒に行う人)がいると嬉しいなあ。開会式が始まると、少しサプライズがあった。ゲストランナーとして土佐礼子さんが登場したが、その隣になんと渋井陽子さんがいるではないか!現在の日本女子で1万m日本記録(30分45秒89)保持者だ。これはすごいサプライズだ。(でも、何で来たんだろうか?土佐礼子さんのつながりかな?)

14050304.jpg

 ストレッチを行って、いよいよスタートとなる。体も温まって準備万端だ。3番さんはアップに出かけた。誘われたが、「最初の3キロがアップです。」と丁重にお断りした。
14050305.jpg

 会館前がスタートだが、25分前だというのに並び始めていた。それにしても…。

14050306.jpg

人が多い!4年前のイメージでは、こんなにも人はいなかったように思うのだが、自分の前もたくさんの人で後ろもそれと同じぐらい人がいた。スタートラインが遠いなあ。

14050307.jpg

 号砲を待っていたが時間になってもならない。なんと、5分遅れてしまった。これは初体験だ。10時35分にハーフはスタートした。

14050308.jpg

 スタート直後に商店街を1周してからダムの方に向かうコース設定となっている。スタートしたものの商店街が狭くて渋滞気味になる。走るというより小刻みに歩いているようだった。両側からの応援は多いのでスマイルでお礼を言いながら走り始める。スタートに戻ってきたときには、なんとかペースが作れるほどにばらけてきていた。

14050309.jpg

 ここからダムに向かって、のどかな田園地帯を走る。すぐに坂が始まることは知っていた。遠くに上っていく列が見える。あそこを行くのかと思うと心が折れそうになるが、まだまだ序盤戦。体は調子が良い。

14050310.jpg

 今日、心がけたことは上りでは大きく手を振るということ。どうしても足取りは重くなるので、手を振ることで勢い良く上っていこうと考えたのだ。おかげで上りで抜かれることはたまにあったが、自分もどんどん抜くことができた。

14050311.jpg

 第1の坂を上ると、すでにスタート地点は、はるか下の方に見えていた。ここからはアップダウンの連続だった。給水所では、スポーツドリンクを補給して、スポンジで両手と首筋を冷やした。下りになるとスピードを上げて、上りは両手振りで上る。

 ここまで、5キロを32分台、そこから6分ペースで刻んでいった。折り返しが近づいてくると、ペースが上がってきた。下りの力を借りて5分30秒ほどでアップダウンをクリアしていった。

 そして、奈落の底へ下りるような坂の先に折り返し地点がある。この坂でかなりの人数を抜いた。スーパーマリオのマリオとルイージの仮装した女性ランナーもいたが、ここで次々に抜いた。(やはり、マリオの方が先行していた)

 折り返した後は下りが急激な上りになる。ところが、上っていくと、思ったよりあっという間に終わってしまったのだ。つまり、今日は調子が良い!と確信できたので、これ以降は苦しくなったときには、そう自分に言い聞かせて走った。

 話は前後するが、今日はペースランナーがいて、「1時間30分」「1時間45分」「2時間」「2時間30分」のゼッケンをつけて、頭に風船をかかげて走っていた。奈落の底に落ちる途中で2時間のペースランナーとすれ違ったので、これに追い付こうとギアを入れ替えた。


14050312.jpg

 そうこうしているうちにダム湖が見えてきた。渡るとき、風が気持ち良く、ダム湖の上にはこいのぼりが泳いでいて爽やかな5月の風景を醸し出していた。前回はなかったコースだが、コース変更して正解だ。ここはこのマラソンの売りどころだね。

14050313.jpg

 ダム湖を渡った後は、最後の下りでさらにごぼう抜き!その勢いを下りきった後もキープしようとした。大きくは落ちてないが、まだ先にはペースメーカーは見えない。

 折り返してからはペースが上がって、平地になるまでは平均5分30秒で来ている。しかし、前半の遅れが響いて、2時間切りがあやしくなってきた。20キロで1時間55分台だった。最後のギアチェンジをしようと試みるが、力が思うように入らない。なんとかペースを保ちながら…。

ゴーーーーール!

 結果は2時間01分15秒(ネット)で、惜しくも2時間切りはならず…。

14050314.jpg

14050315.jpg

 ゴール後は、冷水をがぶ飲みして、食事券で山菜そばを食べる。ソーセージも食べた。食事券は500円分も付いてたので、十分すぎるほどだった。抽選会では、米や野菜などの抽選だったが、米の時に1番違いで外れてしまった。もしかしたら、そのはがきの横に自分のものがあったかもしれないと思うと残念でならない。しかも、最後の最後にビッグなものが!「最後は、この時計ですが…。

















「ガーミンというものです。」

ええっ!
「6万円相当のものです。」もしかして、ForeAthlete 910XTJか?司会者は、ガーミンを知らないらしく、「ランナーの皆さんにとっては、凄いものだということはきいています。」なんて言っている。一気にテンションが上がった!今までの抽選は前菜に過ぎない。抽選者がはがきを引く。

「それでは発表します。40歳代です。」会場がざわめく。自分の心もざわめく!「ナンバーです。」






















全然、違う。その瞬間に足早に会場を去った。まあ、予想はしていたが…。

14050316.jpg

14050317.jpg


 さて、参加賞だが、恒例のバスタオルと伯方の塩と自家製味噌だった。今年のものは以前のものと比べてかっこいい。参加賞といい、レース後の食事券といい、参加者にとっては嬉しいものだ。

 今回の朝霧湖マラソンでは前回の記録を上回ることはできた。残念ながら2時間を切ることはできなかったが、坂の多いこのコースでこの記録を出せたことは、今の自分の力を知ることができてよかったと思う。しばらくは大会がないが、次の大会に向けてスピード強化を中心に練習していこう。ハーフで1時間55分を切ることを目標に頑張ろう!



14050301.jpg

14050302.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!