第21回いごっそうアクアスロン大会 参戦記 準備編

トライアスロン
07 /27 2014
14072701.jpg

 ついにこの日がやってきた。本日は第21回いごっそうアクアスロン大会に参加してきた。西に向かうときは必ず朝食にするたけざきのおにぎりを買って、高速に乗る。時間にして1時間もかからずに会場駐車場に着く。

 駐車場は佐賀漁港の西にある広場だが、最初の案内では「奥に行ってください。」だったが、奥に行くと「車を回して手前から停めてください。」とあっちこっちしたが無事に駐車した。近いので歩いて受付に向かう。

14072702.jpg

 ゴールの向こう側に受付があり、済ますとマジックでナンバリングをした。左の二の腕に書いてもらったが、フルウエットスーツなので見えることはない。まあ、万が一何かあっても確認はできるということかな…。

 男子の控室は廃園(移転?)になった保育園だった。すでに屈強な体の方々がくつろいでいた。この後、だんだんと人数も増えてきたが、着いているTシャツなどから判断するとトライアスロン経験者が多いと感じた。アクアスロンが初体験の自分には、緊張感を増す情報だ。

14072703.jpg


 まあ、そんなに思っても仕方がないので、トランジットの準備に行った。今年から選手ごとにかごが用意されたらしく、競技説明でも脱ぎ終わったものはすべてかごに入れるように指示があった。また、事前に準備するものはかごの中に入れておくようにということだったが、シューズは外に出しておいて構わないということだった。そこで、こんなにしてみた。

14072704.jpg

 上から順番にランシャツ、キャップ、ランベルトとならべ、足ふきタオルを横に体拭きタオルを手前に置いた。ソックスはシューズの中に履きやすいように丸めておいた。

 この後、7時40分過ぎから競技説明、8時から開会式が行われた。開会式の後にジュニア・中学生・ビギナーの部が始まる。

14072705.jpg

 その後、9時10分からスイムチェックが始まる。スイムチェックに入るときにアンクルバンドを渡されて装着する。これは左足のウエットスーツの内側に付ける。脱ぐときに引っかかってしまうからだ。これを装着しないとスイム会場には入れないし、再び出ることもできない。そこで、十分に水分補給してウエットスーツも上半身はまだだったので完全に着用してからはいる。

 さあ、ここからは写真はなし。あっという間にスタート3分前のコールがかかる。タボさんからバトルの話は聞いていたので、後方に陣取りサイレンを待つ。とにかく1500mを泳ぎきることが目標だ。

 そして、サイレンが鳴り響いた!(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!