第21回いごっそうアクアスロン大会 参戦記 ラン編

トライアスロン
07 /27 2014
14072706.jpg

 灼熱の太陽で足が進まない。スタート直後はフラットだったので、なんとか進む。しかし、いつもの調子ではない。忘れていたことがある。トランジットを出た時の時刻だ。時計を忘れていたので、普段使いのG-SHOCKをつけていたが、ストップウォッチにもしていなかった。なんかあわてているね。

 2キロほど進むと上りが始まった。ここからはアップダウンの連続だ。スイムで疲れた体から体力が奪われていく。トップとすれ違ったのもこの辺りだ。そして、すれ違うランナーがまばらになり始める。抜いたのは何人かいるのだが、抜かれたのも同じぐらいだった。折り返し直前は急激な激坂で、たまらず歩きが入る。折り返して下りになってもスピードが上がらない。

 エイドごとに水・スポドリ・スポンジを補給していく。スポンジは両腕・両太もも・首後ろと水を含ませていった。エイドごとに生き返ったが、5分もしないうちにカラカラになる。今日の午前中、佐賀は33.4度だった。とにかく暑い。

 時間のわからないままアップダウンも終わり、ゴールに近づいてくる。止まりそうなぐらいだったが、なんとか最後の力を振り絞ってゴールを目指す。沿道の応援も多く、言葉は荒いが非常に嬉しい気持ちになる言葉だった。「おかえり~」の声も嬉しい。

 そして、堤防沿いを走り、ゴーーーーール!

 結果はタイムオーバーの2時間2分だった。うーん、スイム後に走りだすまで時間がかかったかな?とにかく、完走した。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!