第56回須崎まつり花火大会

季節
08 /30 2014
14083015.jpg

 旅行から帰ってくると、須崎の街は花火大会に向かう人で混み始めていた。思ったよりも渋滞はなかったので一安心だ。帰ってきてからプレモルを飲みながら開始時刻を待っていた。しかし、今年は浜に行って楽しもうと向かうことにした。なんやかんやしている内に花火が上がり始めた。浜に着いた頃に一発目の二尺玉が大音響とともに上がった。近くで見るとその大きさに圧倒される。

14083017.jpg

 普通の花火も近くで見ると迫力満点だ。夜店がずらりと並んだ浜辺では、中高生のグループや浴衣を着た女子もたくさんいて、祭りの雰囲気が満点だった。

14083016.jpg

 やがて、水上花火が始まる。水際で開く花がきれいだった。この後、2発目の二尺玉を家で見るために帰りを急ぐ。もちろん、屋台の食べ物を仕入れて(今年は広島風お好み焼き)。

14083018.jpg


14083014.jpg

14083013.jpg

14083021.jpg

14083019.jpg


14083020.jpg

 二尺玉は、まるで流星が降ってくるように感じる。空いっぱいに広がる花火は迫力がある。カメラのフレームにも収まりきらない。来年はまた違ったところで撮影してみようかな。もちろん、プレモルを飲みながら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!