timex ironman sleek 150-lap with tapscreen technology fuff-size

トライアスロン
09 /04 2014
14090401.jpg

 マリンピアでの戦利品第1弾は、TIMEXの時計だ。走っている時に見えやすいから、このような大きな文字盤の時計がほしかった。タイメックスの専門店の店頭にあったものだが、驚いたのはその値段だ。定価が15000円だったのが、なんと!50%引きの7500円で、消費税込だと

8100円

だった。どうも型落ちで、新色も出るのでプライスダウンしたらしい。それでも悩んだ末に購入したけれど。

14090402.jpg

 タップスクリーンで、パネルをタップすることでラップを計測することができる。今度のトライ練習から使ってみよう。


アイアンマン スリーク 150ラップ
タップスクリーンテクノロジー フルサイズ
> 時計表面を叩いて計測が可能なタップスクリーンテクノロジー ※3段階反応強度設定機能付
> ターゲットタイムペーサー機能(Slow, On-Pace,Fast)
> 日付別ベストラップ・アベレージラップ・トータルタイム保存機能
> 補食・給水タイマー(それぞれ独自に計測可能)
> 100時間未満クロノグラフ
> 150ラップメモリーリコール
> 199ラップカウンター
> デュアルタイム
> 16インターバルタイマー(最大24時間、カウントダウン・リピート付)
> アラーム(毎日/平日/週末のみ)
> 10気圧防水
> インディグロ®ナイトライト(ナイトモード付)

 時計のディスプレイ部分を叩く(タップする)ことでボタン操作なしにラップの計測を可能にした最新のタップスクリーンテクロノジーを搭載し、150ラップメモリー機能を兼ね備えたアイアンマンシリーズのフラッグシップモデルです。45mm幅の大型ディスプレイに表示される数字や文字も大きくなり、ランニング中の視認性を格段に向上しました。

HPより抜粋
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!