第14回四国のてっぺん酸欠マラソン大会参戦記 会場に到着編   

ランニング
09 /07 2014
14090701.jpg

 ついにこの日がやってきた。今日は、第14回四国のてっぺん酸欠マラソン大会だ。初めて参加する大会はドキドキするもので、前日から荷物をまとめ、道順を確認していた。というのも、自宅から会場が遠いのだ。同じ高知県内とはいえ、ほとんど県境の場所であり、しかも途中からは山の稜線沿いに走らなければならない。しっかり情報収集して、朝6時前に出発した。

14090702.jpg

 寒風山登り口まではR194をひたすら愛媛方向に走るのだが、今回は伊野からではなく越知を経由することにした。いの町柳瀬に出るまで伊野経由よりは近かったからだ。

14090703.jpg

 上八川を過ぎると急な坂を上がる。この頃には晴れ間も見えてきて、上がった時の景色がきれいだろうなあと想像していた。

14090704.jpg

 さて、登り口から寒風山方面へと上がっていく。これがまた凄い道だった。くねくねと登っていく。気温もどんどん下がり、20度を切ってしまった。天狗高原に上がる道より凄かったなあ。

14090705.jpg

つづら折れの道を走ること30分ほどで視界が開けてきた。

14090707.jpg

14090706.jpg

14090708.jpg

 道はまだまだ続いていた。対向車が来なかったのでよかったが、来たら細い道でのすれ違いは大変だっただろうなあ。どこまで続くのだろうかと思い始めた時、駐車場があった。ところがすでに満杯で第2の方に入れてくれとのことだった。そこで、警備員にどこか尋ねると、わからないのできいてくるといってどこかに消えてしまった。車がどんどん引き返してくるのでどうしようかと思ったときに、先ほどの警備員が帰ってきて誘導してくれた。ふう、なんとか駐車はできたのだった。

14090709.jpg

 その後、シャトルバスに揺られて山荘しらさに到着すると真っ白な世界だった。(つづく)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!