第20回四万十川ウルトラマラソン参戦記 爽快編 

ランニング
10 /21 2014
14101916.jpg

 スタートして、序盤の20キロは7分ペースで行こうと考えていた。ここ一か月ほど体にしみこませたペースだ。軽く動かしながら楽に走る。周りが速かろうが、自分のペースを守る。スタート直後は、ゲートをくぐるまで歩いていた。応援してくれている知人らが「歩いているやん」と笑っていたが、先を急いでも仕方がない。良いんです、このペースで。

14101917.jpg

 十川の町を抜けて折り返しをはさんでから川を渡る。渡ると100キロの部と合流だ。川は少し流れが速いが、まだまだペースは、ゆっくり、ゆっくり。

14101918.jpg

 合流するところで、スタッフをしている知人に「管理者24番、がんばって!」と大声をかけられる。嬉しいものだ。こういうときはペースが上がりそうだが、我慢だ。ここからは四万十川の裏道を走っていく。木陰が多いので涼しくて気持ちが良い。

14101919.jpg

 ちょうど道の駅とおわの対岸になるのだが、この辺りは四万十川の流れがだんだんとゆったりしてくるところだ。気持ちが良いからといって、ペースを上げてはいけない。とにかく、スロースローだ。

14101920.jpg

 もう、すっかり晴れ上がって気温も上昇し始めたようだ。このあたりは木陰が多いが、中盤は暑いだろうなあと考えてしまった(実際そうだったが…)。

14101921.jpg

 それにしても仮装をしているランナーも相変わらずいた。この方は佐川急便のマークをイメージしてるのかな?スタートの方でもアナ雪がいたしなあ。

14101922.jpg

 向こうに見える橋の下あたりが10キロ地点だ。予定時刻は11:10分だったが、ジャストで通過した。しかし、ここまでの山道で多かったのが、「かんたろう」だ。シーボルトミミズのことなのだが、これがたくさん出てきていた。下手したら踏んでしまうので足元に注意して走らなければいけなかった。

14101923.jpg

 やがてやってきたのは一つ目の沈下橋、半家沈下橋だ。この手前にあるエイドで初めて食べ物を口に入れる。颯爽と走っていくランナーの中に自分もいると、川を吹き抜ける風が当たって爽快な気分になる。

14101924.jpg

 カメラマンがいたのでポーズをとる。報道各社もいたので、この場所はニュースでも流れたのではないだろうか。まあ、自分は写らないとは思うのだが…。

14101925.jpg

 さて、この後は山越えだ。向こうに見える山を上るのだ。上りに差しかかると、走ろうか、それとも歩こうかと迷ったが、走ることにした。しかし、ほとんど歩きに近い。とにかく、7分ペースを維持したかった。腕を大きく振って、どんどん上がっていく。

14101926.jpg

 頂上に着くと白鳥(左の仮装の女性)が出迎えてくれた。すごいなあ、仮装で完走なんて。(この後は再び会ったのは、ゴール後にバスに向かっていた時で、ちょうどゴールした後のようだった。)

14101927.jpg


 下り坂は抑えながら下る。長生のエイドで、ふと川の方を見ると、沈下橋に続く道は通行止めだった。早く元通りになってほしい。この辺りで20キロを通過。タイムは、2時間22分53秒だった。そろそろカヌー館だ。西土佐の大きな橋が見えてきてカヌー館の入り口が見えてくる。

14101928.jpg

 ここまで爽快に走ることができた。さあ、次の楽しみは岩間かな。(つづく)

14101929.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!