高知龍馬マラソン2015 後半編

ランニング
02 /18 2015
15021514.jpg

 浦戸大橋の20キロを過ぎてからは、7分ペースで行こうと気楽に走って行った。20-25キロは35分7秒と計画通りだった。

15021515.jpg

 風は思ったほどではなかったが、気温が上がったので暑かった。腰の痛みは左足で着地するたびにきたので、自然とペースは落ちていく。

 25-30キロは36分50秒だったが、もう限界は近付いていた。タボさんとすれ違ったのは28キロ付近だった。声をかけてもらって気がついた。いつもだったら、すれ違う時にすぐに気がつくのだが…。それほど余裕がなかったのだろう。タボさんも調子が悪そうだったが、それ以上に自分も撃沈だった。

15021516.jpg

 仁淀川河口大橋を再び渡ったところで、ついに走ることができなくなってしまった。足は売り切れていないのだが、着地した時の痛みで走ることができない。35キロ直前だった。30-35キロは、42分49秒とキロ8分も維持できていない。

15021517.jpg

 さて、ここでリタイアしようかどうか迷った。4時間を過ぎたところだったが、どうせ後7キロぐらいなら歩いても1時間半ぐらいでゴールまでいけるような気がしたので歩くことにした。ここからは全て早歩きで行くことにした。

 周りの応援は素晴らしかったが、走ることはできない。着地の衝撃がないので歩くことはできた。大股で歩いていたら、沿道から「1歩が大きいねぇ。」とか、「小走りやないと追いつかんで。」なんて声が聞こえてきた。

 途中でHくんに出会ったので声をかける。Hくんも歩きになっていた。お互いゴールにたどり着こうと励ましあって先を急ぐ。競技場に上がる坂も早歩き。競技場にはいっても早歩き。そして、

ゴール!!!

 タイムは5時間11分で、ネットが5時間6分と思ったよりは早くゴールできた。35-40キロは歩いて47分12秒、40-42キロは19分58秒となった。

15021518.jpg

 タオルをかけてもらい、完走証をいただく。5時間なんて久しぶりだが、ゴールまで辿り着いたことは良かったと思う。これで途中リタイアしていたら悔いが残っただろう。

 不運だと思うが、前日に腰がイカれたことは自分の不摂生が原因だろう。まあ、良いこともあれば悪いこともある。前日のダルマ朝日を見られたことで浮かれていたのかな?それとも、この後のスペシャルな宴で心も浮ついていたのかな?とにかく、人間万事塞翁が馬だ。次は、気持ちよく走りきることを目指して頑張って行こう。(おわり)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

改めてお疲れ様

腰の痛みは心配ですね。
でも、あきらめずに最後まで歩いてまでもゴールに辿り着いたことは、よかったと思います。

歩いてkm10分を切るなんてびっくり。まさしく小走りじゃないと追いつきませんね(笑)

Re: 改めてお疲れ様

腰は殆ど治ったようです。週末は休日出勤がありますが、走ることはできそうです。

歩いてゴールを目指したとき、早歩きでここまでできるなら再び走ってもいけるのではないかと色気が出ましたが、3秒ほど走るだけで痛みが来たので、最後まで歩き通しました。

でも、あきらめずにゴールまで辿り着いたことは次につながると信じています。

次の桜に向けて頑張ります。

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!