第7回四万十川桜マラソン参戦記 その2

ランニング
03 /30 2015
15032916.jpg

 雨は降り続いていた。スタートラインを通過したのは、号砲から約50秒後だった。キロ7分のペースで入ろうと考えていたので、1キロ通過の8分台は予定通りだった。キロ7分ペースで行って、4時間55分でゴールできればいいかなと考えていた。とにかく、今日はエイド以外は歩かない!が目標だ。

15032917.jpg

 5キロ手前の第1エイドには知り合いがいたので声をかける。今回は、所々で知人がエイドなどでスタッフとしているので、声をかけていこうと考えていた。5キロ通過は33分と…あれ、ちょっと速くなっているぞ。もう少しペースを落とそう。

15032918.jpg

 少し明るくなる時もあったが、相変わらず雨は降り続いていた。開会式での関係者の情報では十和はやんでいるとのことだったので、どこでポンチョを脱ぐのかもレースに影響しそうだ。

15032919.jpg
 
 10キロ付近のサクラ並木も3分咲きほどだったが、春らしい風景を見せてくれた。サクラの散った後に開催されていた時よりは格段に良いことだ。10キロ通過が1時間4分と予定のペースに近づいている。

15032920.jpg

 上宮沈下橋にやってきた。橋のたもとで知り合いが応援してくれていた。声をかけて前に進む。この沈下橋を越えると第3エイド(14キロ地点)があるが、その付近で予土線と合流する。そして、その先にある打井川駅へ10時22分に新幹線列車がやってくるのだ。なんとかエイドを出てからその列車を横目で見ながら走りたかったが、沈下橋を渡って坂を上がったところで遠くの山沿いを進む新幹線を見た。残念!遅かった!

 20キロ通過は2時間4分と…、あれ、またペースが上がっている。6分ペースで行っているではないか!背筋を伸ばして走ると腰の痛みはなかったので、それがよかったのかもしれない。

15032921.jpg

 大正・道の駅では恒例の太鼓の応援がとどろいていた。太鼓のそばで仮装している人がいる。大きな声で応援しているセーラー服?のお姉さん。調子が良くてテンションが上がっていたのでハイタッチした。ちょっと元気になったので足取りも軽くなる。そのあとの沿道にはこいのぼりがつるされていた。テルテル坊主も!ランナーの皆さん、頑張ってと言わんばかりに。

15032922.jpg

 大正の橋を渡ると折り返しがあり、しばらく進むと25キロの関門がある。ここでは同僚がスタッフとしている。大会前に、予定では2時間30分から40分で通過するから11時半過ぎになると思うと伝えておいた。そして、関門にたどり着いたのは11時36分!予定通り!思わず同僚に「予定通りやぉ!」と叫んでしまった。この辺りはテンションあがりまくりだったなあ。

 そして、ここからいよいよ先週試走した部分へとはいって行く。(つづく)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!