Z's TOUR 2015 2015.5.20 高知県民文化ホール

YAZAWA
05 /20 2015
15052001.jpg

 ついにやってきた県民文化ホール。本日、19:00よりZ’s TOUR 2015が開催されるのだ。矢沢永吉が昨年から始めた若手と組んだバンドツアーだ。地方在住者優先のライブで2年目は高知にもやってきた。春ツアーに参加するのは初めてで、高知でのライヴも4年ぶりだ。

 平日なので、仕事を定時で終えて会場へと向かう。駐車場に止めるために会場近くを通ったが、すでに入り口付近はYAZAWA濃度が上がっていた。

15052002.jpg

 会場近くに止めてあるトランポ前は撮影会状態になっていた。奇跡的に人がいない瞬間を撮ってから会場入り口へと向かう。すでに入り口には長蛇の列ができていた。これに並ぶのかと思ってその列の先を見ると、一般チケットと書いてある。その横に誰もいないスペースがあり、クラブ会員と書いてあった。なんだ!すぐにはいれるやんか!

 そして、県内在住者確認を終えて、チケットを発見したもらうと…、



15052003.jpg

なんと3列目!これはびっくりした。

 会場に入るとグッズを買って席に向かう。グッズ売り場も城ホールと違って、とても空いていた。やはり、地方は違うな。

 開演が近づいてくると、永ちゃんコールが起こりだす。しかし、会場が狭いので、割と近くで響いていて気持ちが良い。19:00ちょうどぐらいに暗転する。



 1曲目は「トレジャー・ハンター」だった。6年前の高知もこの曲だった。続いて「コバルトの空」だ。このメロディは好きなので嬉しかった。MCをはさむ。高知へは飛行機で来たそうだ。

 3曲目は「レイニー・ウェイ」、ベイベーの掛け声はいつも通りだ。そして「あ・い・つ」「夢がひとつ」と続く。「少年・パートⅢ」「Let's Make Love Tonight」は、1988年のアルバム・共犯者からだが、結構、これらの曲はこのバンドにあっているかもしれない。シンプルなロックが心地いい。

 「恋の列車はリバプール発」「親友」と70年代の曲の後に、「YES MY LOVE」の80年代、「憎いあの娘」のキャロル時代と選曲は多岐にわたっている。もしかして、今度のベストを意識してかな?

15052004.jpg

 マニアック・ナイトでも披露された「終わりじゃないぜ」は初めて生で聴く。アツアツアーの掛け声を叫ぶ。そして、十八番の「IT'S UP TO YOU!」でヒートアップ。メロディが美しい「HEY YOU…」と続く。

 メンバー紹介の後に、Z’sの「What Do You Want?」を演奏する。永ちゃんは楽しそうだなあ。

 最後は「YOU」、メドレー「SEPTEMBER MOON」~「雨のハイゥエイ」~「時間よ止まれ」、「黒く塗りつぶせ」「サイコーなRock You!」「逃亡者」で終了。「サイコーなRock You!」では、歌詞がぶっ飛んだがこれは御愛嬌。

15052006.jpg


 アンコールは、タオル投げの定番が2曲連続で登場した。「止まらないHa~Ha」と「トラベリン・バス」では、タオルを何回も放り投げたことは言うまでもない。

15052005.jpg

 会場を出ると雨がちらほら。熱気を覚ますかのようだった。今日のライヴは思ったよりあっという間に終わった。少し不安な面はあったが、若いバンドと組んだ永ちゃんは魅力的だった。65歳なのにエネルギーがすごい。

 こうなったら、今年も秋のコンサートに行こう。もしかしたら、もっとすごいことに出会えるかもしれない。


Z's TOUR 2015 2015.5.20 高知県民文化ホール

01 トレジャー・ハンター
02 コバルトの空
03 レイニー・ウェイ
04 あ・い・つ
05 夢がひとつ
06 少年・パートⅢ
07 Let's Make Love Tonight
08 恋の列車はリバプール発
09 親友
10 YES MY LOVE
11 憎いあの娘
12 終わりじゃないぜ
13 IT'S UP TO YOU!
14 HEY YOU…
15 What Do You Want?
16 YOU
17 SEPTEMBER MOON~雨のハイゥエイ~時間よ止まれ
18 黒く塗りつぶせ
19 サイコーなRock You!
20 逃亡者

アンコール

21 止まらないHa~Ha
22 トラベリン・バス

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!