Shimanto Urtra Practice Run 28.7km

ランニング
10 /03 2015
15100301.jpg

 今朝は6時に家を出て十和のこいのぼり公園を目指した。2週間後の四万十川ウルトラマラソンに出場するTさんとIさんといっしょにコース周辺の30キロ走をするためだ、残念ながらTさんは足の調子が悪くてウォーキングとなってしまったので、Iさんといっしょにこいのぼり公園を午前7時半過ぎに出発する。

15100302.jpg

 まずは、窪川方面に走り、100キロの部が渡る橋を渡り、こいのぼり公園の対岸を走る。60キロの部はここを走らないが、今日は距離を調整するためにコースに入れた。やがて、60キロの部が渡る赤い橋が見えてくる。この辺りからしばらくは木陰を走るので体力を消耗しにくい。とにかく大会のペース、キロ7分で走って行く。

15100303.jpg

 意外と長いと感じたのは10キロ地点までだった。対岸に見える休校した広井小学校の辺りからかなりあった。しかし、当日はここは序盤なので余裕を持っていけそうだ。

15100304.jpg

 しかし、朝の気温が11℃だったのに、9時過ぎごろには20℃を超えているぐらい暑くなってきた。空は青色の発色がよく周りの山々とのコントラストが美しかった。この辺りで、Iさんはひざが痛くなりリタイアすることになった。

15100305.jpg

 半家沈下橋を鳥居越しに眺められる神社でIさんと別れる。このあたりでランナーを見かける。先にすれ違った女性も後から見た男性もウルトラの練習かと思われるぐらい気合の入った服装だった。

15100306.jpg

 さあ、ここからは一人旅だ。本番と同じように沈下橋を渡って折り返す。川の流れは速く、吸い込まれそうだった。当日はここを約2000人が渡るのだ。

15100307.jpg

 そして、前半の山を越える。腕を振ってテンポ良く上って行く。本番もこの調子で上れたらいいな。

15100308.jpg

 さっき渡った沈下橋が眼下に見える。ここまで上ってきたのだ。

15100309.jpg

 昨年は峠で白鳥に出くわしたな。今年もいてくれたらびっくりだね。

15100310.jpg

 下りは早歩きで下りてみる。着地の衝撃を抑えるためだが、ペースは走っている時と同じぐらいなので当日もこの作戦で行こう。

15100311.jpg

 それにしてもコース沿いにある田んぼは稲が黄金に輝いていた。たぶん、この半月の間に刈り取りをすると思われるので当日は見ることができないだろう。しかし、この風景は絶品だ。

 峠越えをしてからはウルトラのコースを外れて国道を走り、こいのぼり公園を目指す。蛇行する四万十川を突き刺すようにまっすぐのびる橋とトンネルを過ぎて、道の駅とおわまで帰ってくる。ここで、iPhoneのバッテリーが危なくなったので、計測を終える。残り2.8キロを計測なしで走る。そして、無事にこいのぼり公園へと帰ってきた。

15100312.jpg

 あんまりにもヘロヘロになって帰ってきたので、その姿を見たおばあちゃんが冷えたお茶を持ってきてくれた。見ず知らずの自分になんて暖かい御もてなしだろう。こんなことはあまり経験したことがなかったので、恐縮してしまった。十和の人たちの暖かさを感じるなあ。

15100313.jpg

 さて、30キロを走ることはできなかったが、その距離には迫ることはできた。当日までのロングは来週の脱藩ぐらいにしておこう。あとはしっかり体を休めておきたいな。

15100314.jpg

15100315.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れさん。
いい練習ができたみたいですね。今の季節、四万十川流域は素晴らしい景色でしょうね。
四万十ウルトラまであと2週間。頑張ってくださいね~。

Re: No title

ありがとうございます。やっぱり四万十川流域は最高です。

来週は脱藩ですね。当日は、よろしくお願いします。

脱藩(ハーフ)では、ウルトラ(60キロ)に向けての走りに徹したいと思います。キロ7分で走って、ゴール後にどれだけ余力を残すことができるかが課題です。

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!