あらうんど四万十 〜カールニカーラン〜

バイク
11 /16 2015
15111601.jpg

 休日出勤の代休で娘1と息子を学校に送った後、イオンへと向かった。午後から用事があったので、それまでショッピングをしようかと先週は考えていたが、面白かったよと話してもらった映画が「あらうんど四万十 〜カールニカーラン〜」だ。

 昨年、中村の方で完成記念上映をやっていたので見たかったが予定がつかずいけなかった。そして、いよいよ高知で公開となっても予定が合わずいけなかったのだ。もうどうしようかと諦めていたときに、話を聞いて上映予定を調べてみた。すると、月曜日の午前中にあるではないか!これも神のお導きかもしれないと思い、観賞してきた。

 アラフォーおっさん4人組が人生の行き詰まりをなんとかしようと四万十のサイクルイベントに挑戦する。そういうストーリーだが、やはり家族ネタを持ち込むと涙腺が緩んでしまう。高知県ゆかりの役者やタレントが多く出演しており、島崎和歌子姉さんが出てきた時はちょっと笑ってしまった。

 少し、残念だったのは登場人物が多くなりすぎてたこととサイクルイベントの人の少なさかな。主人公の周りの人間関係が後への伏線になっているのだが、ちょっと裏をかかれたところもあったな。サイクルイベントのライダーの少なさも気になった。たくさんのエキストラを集めるのは大変だと思うが、それができたら四万十川の風景と合わさって凄いものになったと思うのだが…。

 でも、最後まで笑いあり涙ありのストーリーは必見かな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!