安芸・室戸パシフィックライド2015 参戦記 その1

バイク
12 /07 2015
15120601.jpg

 ついにこの日がやってきた。朝4時に起きて、自宅を出たのは4時30分前。途中で買っておいたパンとリアルゴールドを流し込み、秋へと向かう。高速を使ったが、着いたのは5時40分だった。辺りはまだ真っ暗だった。

15120602.jpg

 受付を済ませてゼッケンを背中に付ける。6時を過ぎてから開会式が始まる。その後は抽選会。いつものように当たらない。ポロシャツは数が多いので、ゴールまでに抽選しておくとのことだった。

 Madoneを列に並べてスタートを待つ。並んだのは3列目の後方だ。横になった香川の方に写真を撮ってもらい、少し話をする。

15120603.jpg

 7時となり、1列目の第1グループから出発する。30秒ごとにスタートしていくが、3列目の自分までにはまだ回ってこなかった。列は全部で7列ほどあったので、最後は7時30分前になったのではないかと思う。そして、自分の番が回ってきた。午前7時7分、ちょうどにスタートだった。

15120604.jpg

 スタートして、しばらくは安芸市街地を走る。信号が多いので、3回も引っかかってしまった。市街地を抜けると、スピードが上がり始める。30キロ超で海沿いを走って行く。大山岬を抜けて、あっという間に田野町までやってきた。ここで、右折して山の方へとはいって行く。川を渡ると北川村だ。2年半前に走った北川村向学の道マラソンのコースも通過する。

15120605.jpg

 いごっそうラーメンの前でも応援してくれていた。ラーメン、食べたかったなあ。

15120607.jpg

 慎太郎生家記念館を向こう岸に見ながら、奥へと進んでいく。上り基調だが、思ったほどきつくはない。第1エイドは33キロ地点にあり、そこまでは楽に行くことができた。

15120608.jpg

 到着したのは8時30分ごろ。さっそく、ユズジュースを飲んで、給食を頂く。

15120609.jpg

 まずは、黒糖とラスク。甘くて美味しく、疲れた体には申し分ない。

15120610.jpg

 そして、メインのイノシシ鍋へと向かう。イノシシの肉が旨い!暖かい汁が寒さで冷え切った体を温めてくれる。

15120611.jpg

 ひととおり食べ終えて、エイドを出たのは、8時40分ごろだった。10分もいて、ゆっくりしたのだ。出口に書いてある「これからがきついぞ、がんばれ」の文字がここから先の苦しさを表しているかのようだった。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!