高知食品の芋けんぴ

フード&ドリンク
02 /01 2016
16020101.jpg

 土曜日に弟一家が父の五年祭のために泊りに来た。その時、お土産に買ってきてくれたのが、この芋けんぴだ。最近は、塩けんぴが有名になったが、この昔ながらのけんぴも捨てがたい。たっぷりと砂糖がかかっているのも昔ながらの味を思い出させてくれる。高知駅で量り売りをしているそうだ。だから、ビニル袋に入って、紙で包装されているのだ。この辺りもレトロ感が満載だ。

16020102.jpg

 たまには食べてみたくなる味だね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!