京都マラソン2016 参戦記 その3

ランニング
02 /25 2016
16022122.jpg

 友だちの応援で元気が出たのか調子は良かった。ここまでかなりアップダウンがあったなと感じていたが、ペースは落ちていなかった。そして、京都の街を走っていることが嬉しくて、気分も高揚していた。

16022123.jpg

 写真からもわかるように、どこまで行っても周りは人だらけでエイドのたびに戦争のようだった。なんせコップをつかむのにも一苦労だったからだ。それにこの辺りでは右に寄ることが多く、エイドのたびに左へ移動しなければならなかった。

16022124.jpg

 10-15km 28:33 

 速い!

 自己ベストを出した龍馬マラソンの時と同じぐらいだ。

16022125.jpg

 さて、いよいよ賀茂川へと出てくる。コースは13キロ付近から北へと向かっているので基本的に上りだ。京都は北に行くことを「上がる」というが正にその通りだ。

16022126.jpg

 西賀茂橋で渡り、今度は南へと向かう。こうなると今度は下りとなる。対岸には後続ランナーが群衆のように走っている。この辺りから折り返しが多くなってくるので対向車線のランナーを見て「折り返しはどこだあ?」と心の中で叫んでいた。折り返しが数回以上あると精神に悪い。

15-20km 29:21

16022127.jpg

 中間点を過ぎると東へひたすら向かう。20キロから26キロ過ぎまでに折り返しが3回もあった。目がまいそうだった。しかも北山通の東向きはなだらかな坂なのだ。また、坂だよ…。

16022129.jpg

16022128.jpg

 しかし、折り返しのところに置かれている大きな三角コーンには、ハッピーターンのイラストが!スポンサーの亀田製菓のヒット商品ハッピーターンがこんなところでも活躍している。

20-25km 29:46

 苦しい3回のターンを終えると、

16022130.jpg

今までのマラソンで、このようなところへ入ったことはなかった。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!