第8回四万十川桜マラソン その3

ランニング
03 /30 2016
16032710.jpg

 上宮沈下橋手前の民家に咲いているモクレンが今年は満開だった。ここまでの調子は今までにないぐらい良かった。景色を楽しみ、沿道の応援に答えていく。

16032711.jpg

 そして、一つ目の沈下橋を渡る。上宮沈下橋は通学路にもなっているようで、子どもたちの投稿に配慮するように呼び掛ける看板が設置されていた。川にある大きな岩の上には監視員が立っていた。万が一のことを考えてだろう。川を吹き抜ける風が気持ちよかった。

16032712.jpg

 沈下橋の袂では毎年イチゴのエイドを出している方がいる。今年もランナーに大人気だったようだ。しかし、自分はイチゴが苦手なので御遠慮させてもらった。

16032713.jpg

 14キロを過ぎて予土線が道の横に出てきた。運よくホビー列車が来ればと思ったが、ダイヤ改正で時間がずれてしまって見ることはできなかった。残念!15キロを10時23分に通過。

16032714.jpg

 再び国道に戻ると桜並木の横を走る。まだ、咲いてないのは残念だが、膨らんだ蕾は今にも開花しそうでワクワクさせてくれる。

16032715.jpg

 上岡沈下橋を横目で見ながら通過する。この辺りは大正に向かう山間の道だ。同じような風景が続く。しかし、所々にある店や沈下橋などを覚えておくと距離感はつかめる。実際、国道に出てから大正の道の駅まで7キロほどあるのだが、今回はそんなに遠いとは感じなかった。

16032716.jpg

 20キロを10時51分に通過。ふなっしーカラーの女性とピンクの飛脚と描いた女性に抜かれる。飛脚の方は、なかなか速いのでこの後、追いつくことはできなかった。

16032717.jpg

 ふらふを振って応援してくれている方がいた。あのような姿を見ると、元気が出るねえ。ちょうどテレビのインタビューも受けていた。

16032718.jpg

 そして、ついに中間地点に到着。時刻は10時58分。先週のハーフの記録より3分遅かったが、良いペースだった。(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!