大方シーサイドはだしマラソン参戦記

ランニング
05 /03 2016
16050301.jpg

 朝起きると、空は予報通りの曇り空だった。いつ降るか分からないが、午前中はもってほしいなと願い、娘2といっしょに6時半ごろに家を出る。たけざきでおむすびを買って朝食を取りながら大方へと向かう。

16050302.jpg

 途中で休憩したなぶらの里からはかつおのぼりの大群が見られた。今日は、ここでもイベントがあるようだ。

16050303.jpg

 さて、会場に着いたのは8時頃だった。すでに駐車場は満杯になりかけていた。スタッフの方々も丁寧に対応してくれたが、どうも人数が少ないように感じた。

16050304.jpg

 会場の体育館に入って、受付を済ませる。参加人人数が増えたと報道があったが、特に多かったのは親子ペアのようだ。受付の列も他と比べて群を抜いていた。列に並んだは良いが、受付はゼッケンで3か所に分かれていた。机に張り紙をしているが、列になっていたので後ろからは見えにくかった。高いところに表示しておけば列も3列になり、もっと流れも良くなったと思われる。先ほどの駐車場で感じたことも含めて、急激に人数が増えたので対応が追い付かないのではと思った。

16050313.jpg

16050314.jpg

 娘2といっしょに参加賞のTシャツにゼッケンをつける。今日は、おそろいのTシャツで走るのだ。黄色いTシャツが会場に次々と生まれていった。

16050305.jpg

 やがて、開会式が始まる。ゲストは漫才師の大助・花子さんで、選手宣誓も行っていた。このあと、防災に関する講演漫才を行うとアナウンスされていた。 

16050306.jpg

 最後は準備体操でエアロビクスを行う。インストラクターが気合のはいったタイツで現れる。しかし、もう一人のジャージの方がテンションが高くきつかったなあ。娘2といっしょに楽しむことができた。

16050307.jpg

 開会式が終わるとスタート地点まで徒歩で向かう。娘2はどんどん、先へと歩いて行く。ワクワクしているなと感じとれた。会場に着くと、靴を脱いではだしになる。荷物はテントの中に置いたが、雨が心配だったので、ビニールにくるんだ。娘2は早速、波打ち際で遊び始めた。周りがほとんど黄色いTシャツなので娘2を見失ってしまった。ほどなくして帰ってきたのでわかったが、走り始めて離れ離れになったらどうするか打ち合わせをしておいた。とにかく、走るときは娘2の後ろをついていこう。

16050308.jpg

 いよいよスタート時間が迫ってきた。最初は、個人の部がスタートした。5分後にペアの部がスタートだ。大きくうねりを上げて打ち寄せる波の音がやかましいので、スタートのアナウンスも全く聞こえない。そして、前方が動き始めた。スタートだ!

16050309.jpg

 8年前に参加した時は波打ち際を走って波をかぶったので、できるだけ海から離れて走るようにした。あまり陸に近づくと砂が軟らかくなるので、湿っている少し硬いところを走るようにと娘2に声をかける。

16050310.jpg

 あっという間に折り返し地点までやってきた。娘2は競争のつもりでどんどん走るが、こっちはシーサイドの風景を楽しみながら走りたかった。まあ、後半は疲れてペースダウンするだろうと高をくくっていたが、全然落ちなかった。しかし、Tシャツがなびく風景の横を走ることができるのは、この大会ならではのことだ。晴れていたらもっと気持ちよかっただろうなあ。

16050311.jpg

 最後は、2人で手をつないでゴール!タイムは25分ほどだった。 


16050312.jpg

 シャトルバスで体育館に戻り、ちらしずしと豚汁をいただく。閉会式での抽選は残念ながら当たることはなかったが、娘2は満足のいく一日だったようだ。

16050315.jpg

 さあ、帰ろうかなと思ったら、娘2が「ドライブに行こう!」とおねだりしてきたので、少しのんびりと帰ることにした。最初はどこに行くと聞くと「Tシャツ!」と元気な声が帰ってきた。さっき、横を通ったやん…。風が強くなり、雨も降りだした中でTシャツアート展へと出かけて行った。

16050316.jpg

16050317.jpg

 その後に、四万十川を上ったが、道の駅西土佐と十和の両方とも大雨の中で駐車場が満車で、こいのぼり公園で行われていたよってこい四万十も大雨ですでに終了していた。まったく土産も変えずに帰宅することになってしまった。午後からは残念なことになったが、娘2の今日一番の土産は…


16050318.jpg

砂浜で見つけた貝殻だった。


16050319.jpg

16050320.jpg

16050321.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!