第22回四万十川ウルトラマラソン参戦記 アフター編

ランニング
10 /23 2016
16101640.jpg

 ゴール後には並べられたパイプ椅子にすわり、ランナーチップを取ってもらう。アイシングの氷を貰ってひざに当てるが、雨が降り続いているので自然と冷やされている。手がかじかんで、嫁に電話するもスライドができずに苦労した。走り終わった実感が湧いてくると、大きな音がした。花火だ!

 今までは中村駅から少しだけ見たのだが、間近で見るのは初めてだ。

16101641.jpg

 しばらく雨に打たれながら座っていたが、おもむろに立ち上がり荷物を受け取りに向かう。途中でトライアスロンで知り合ったNさんに出会う。Nさんは60キロの部にチャレンジして見事完走したそうだ。おめでとうございます。談笑していると後ろから肩をたたかれた。さっきの女性だった。「行こうぜ」の言葉で完走できたとお礼を述べられた。自分の言葉で人に勇気を与えられたとなると非常に嬉しい。また、いつかどこかの大会で会おうと約束したが、千葉が地元だという。う~ん、ちょっと遠いなあ。

16101642.jpg

 荷物を受け取って着替えようかと思ったが人でごった返していたのでエリに戻って着替えることにした。道中でお世話になった人に電話をかける。須崎のIさん、いっしょに100キロを走ったTさん、60キロのIさん、タボさんなどたくさんの人に勇気づけられた。完走することができたのも応援があってこそだと思う。

16101643.jpg

 すでに8時前となり、雨に打たれるゴールが祭りの後のようだった。エリで着替えてから駐車場を出たのは8時20分ごろだったかな?途中で肉まんとコーヒーを流し込み、家についたのは10時前だった。でも、帰りの車の中は充実していた。大音量で永ちゃんを聴きながら完走した余韻に浸っていたのだ。

16102301.jpg

 50を前にしての挑戦は、なんとかクリアできたのだ!(おわり)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!