2016 中土佐タッチエコトライアスロン 参戦記 バイク編

トライアスロン
11 /09 2016
14110212.jpg

 トランジット(上図左下緑色の部分)へ入る前にうがいをして、自分の場所に向かう。前回は走っていけたが、今回は無理だった。スイムの終盤で右のふくらはぎが攣ったようになっていたからだ。なんとかたどり着き、ウェットスーツを脱ぎ始める。アンクルバンドはウェットスーツの内側にしておいたので、脱ぐときも邪魔にならないで済んだ。しかし、右足がうまく抜けない。ここで時間がかかってしまった。

 また、前回と同じく準備し忘れていたタオルをバッグから取り出して足を拭く。ここでも時間がかかった。ゼリーを飲んで、ソックスを履く。シューズを履く。ヘルメットをかぶる。グローブをつける。サングラスをかける。準備よしでスタート。トランジットを出て乗車ラインを越えたと思っていたらフライング。注意されて今度は越えてから、
MadoneでGo!

 まずは、トンネルを抜けて周回地点へと向かう。たくさんいたが、半ば強引に合流して、いよいよ10周回が始まる。合流地点からすぐに狭いブラインドの左コーナーを抜けて、広い道に出る。人家があるので応援も多い。

14110213.jpg

 ここは緩やかな下りになっているので、スピードを上げてトンネルに入る。トンネルの中は上り坂になっていてスピードも緩んでしまうが、以前よりは軽く上れたように思う。。抜けると広い道が続くので、下りを利用して折り返し地点の上りを上がる。ここは徐行で追い越し禁止なので、スピードを緩める。折り返しのところではシフトチェンジしてギアを軽くする。

 駐車場の折り返し後は、さっきの反対になった下りを利用して速度を上げる。海沿いに走るのだが、ここは洞門通過まで上り坂になっている。その後は下りを利用して駆け下りて、先ほどの折り返しへと向かう。これを10回繰り返すのだ。

 腰が痛くなることはわかっていたので、適度にストレッチもしながら走る。前回忘れていたボトルも装着してアクエリアスを入れてある。洞門前後で飲むことが多かったなあ。とにかく、3競技の中で一番つらかったのは、やっぱりバイクだった。


 周回を重ねるうちに、だんだん周回するバイクが少なくなってくる。サイクルメーターも気にしながら回っていたが、今回は自信を持って10回目を終わった後にトランジットへと向かう。サイコンは39キロを超えていた。双名のトンネルを抜けると大きく左カーブしてトランジットへ向かう。降車ライン手前で降りて小走りで自分の場所に向かう。すでにたくさんのバイクが戻っている。2年前と同じだ。シューズを履き換えて、ゼリーを飲み、キャップをかぶり、i-Phoneをセットする。さあ、いよいよランだ。(つづく)

16110606.jpg


バイクラップ 1時間38分41秒
スプリット 2時間19分28秒
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!