2017 February First Long Run 20.1km

ランニング
02 /11 2017
17021101.jpg

 昨夜の天気予報では四国の積雪は15センチと言っていたが、朝起きると空は快晴だった。今日は、龍馬に向けてコースを走ることにしていたので、用意をして8時過ぎに家を出る。ところが、ガレージから車を出したら空は白くなっていた。そして、すぐに雪が舞い始めた。土佐市に入っても降り続いていたが、戸波のファミマを過ぎる頃には青空が広がっていた。雪の中でのランを覚悟していたのでほっとした。

17021102.jpg

 春の運動公園の駐車場に車を停めて、龍馬マラソンのコースを逆走する。今日は、コースの距離感をつかみたかったので、ゴールから花街道に出て土佐市の折り返し地点まで走り、後はゴールを目指すようにした。また、今日のテーマはキロ5分45秒ほどで走って、余裕を残して終わることだ。最後の坂で余裕がなくなりそうだが、とにかく走り始めた。

17021103.jpg

 海岸線に出るまでは気持ちよく走ることができたが、花街道に出るなり風が強くなった。工事の養生が防いでくれるが、これもすべてではない。

17021104.jpg

 トンネルの中も風が強くてペースが落ちる。この風は当日はやっかいだな。覚悟はしていたが、ここまで強いと影響は大だ。

17021105.jpg

 さらに仁淀川河口大橋の上では強風で体が飛ばされそうになった。キャップも飛ばされそうなので手で押さえて走る。すれ違った女性ランナーも明らかに体が引っ張られるように動いていた。この風も当日は勘弁してほしい。

17021106.jpg

 橋を渡ると急に下って、その後は緩やかに上って、折り返し地点に着く。ここまでコースを走るランナーには20人ぐらいすれ違った。10人ぐらいの団体さんもいた。みんな来週が本番なので下見と行ったところだろうか。自分も同じだが、下見をしておくと気持ちに余裕が生まれるのだ。

17021107.jpg

 再び河口大橋を渡り、トンネルをくぐる。ここから北に折れる交差点までが長く感じるのだ。ここはしっかり覚えて、当日心が折れないようにしなければいけない。そこを曲がると長い直線が待っている。1キロ少しありそうだが、ここでも距離感をつかむことができた。

17021110.jpg

 そして、いよいよ運動公園に戻ってきた。運動公園に入るところから長い坂が続く。実はこの入り口からゴールまで1キロはあるのだ。心を折らずに上るしかない。ここまで快調に走ってきたので、気分的には適度なランだった。ところが坂を上った後は、かなりの負荷があったと感じてしまった。それだけ坂がきついと言うことだ。

17021108.jpg

 陸上競技場の入り口にたどり着く。心も体の余裕が感じられた。まだ、行けそうだ。この感覚なら当日も行けるかな。いい練習になった。

17021112.jpg

 ラップを見ると、ペースはバラバラだが、平均ペースがキロ5分40秒を切っていたのはよかったのかな。

17021111.jpg

 来週はいよいよ高知龍馬マラソンだ。まずは自己ベストを狙っていこう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!