第6回愛南町いやしの郷トライアスロン 参戦記 バイク編

トライアスロン
06 /13 2017
17061012.jpg

 トランジットを出ると、ランコースと同じなのだが、バイクコースは右の方へと進む。すぐに乗車ラインがあるので、通過したら
MadoneでGo!ちなみに、トランジットでは6分15秒もかかってしまった。

 すぐに4キロの激坂が始まる。この坂の途中にはたくさんの方々が応援でいてくれて、お年寄りも出てきてくれていて応援してくれていた。かっこつけてグングン上りたかったが、坂が苦手な自分はスピードが出ない。つまり、どんどん抜かれていくのだ。

17061013.jpg

 坂が終わるところに一軒家があるのだが、その辺りでボトルのアクエリを飲んで、のどを潤す。そして、長い下り坂が続く。ここでスピードを上げて折り返しの駐車場へと入る。ここの応援で大きな声を上げている方が数名いて、疲れている自分を鼓舞してくれているようで嬉しかった。

17060304.jpg

 折り返すと今度は町道越田船越山線への下り坂を下りる。ここが信じられないぐらい急な坂で先週来たときはタイヤがロックして怖かった場所だ。今日はグレーチングにカバーを掛けてくれているのでロックすることはなかったが、誘導員が大きくスロースローとやっているので、最大でブレーキをかけて進む。ここは追い越し禁止区間になっているので、後ろから気配がびんびん伝わってきた。速い選手が今か今かと後ろについているのだ。

17061014.jpg

 ここから下りかと思ったが少し勾配がある上りが続く。すぐに下りになり、スピードが上がる。くねくねしたカーブを抜けると広い道になったり、また、狭くなったりの連続だった。

17061015.jpg

 最後の大きなヘアピンを抜けると元の場所へ戻ってくる。1周終えるとすでにバイクの進入路は閉まっていた。全員がバイクに移ったのだ。1周目は24分44秒…。練習よりも遅い。

 2周目26分00秒、3周目26分59秒と遅くなっていく。段々上れなくなっているのがよくわかる。ああ、いつものようにバイクは地獄だなあ。でも、ランで絶対巻き返してやると思いながらペダルを漕ぐ。

 上り坂の途中に名簿を見ながら名前で応援してくれている女性がいた。1周目は自分の前の選手の名前を見つけていた。2周目は明らかに自分を探してくれているようだったが、間に合わず「頑張れ~」と声援を受ける。3周目も間に合わなかった。そして、4周目についにみつけたようで通過した後に後ろから、「○○さん、ファイト!」と叫んでくれた。ありがとうの意味を込めて手を振る。

17061016.jpg


 折り返しの駐車場の甲高い応援隊にも最後になるので「ありがとう!」と大きな声で伝える。この頃には選手がまばらになり走りやすくなる。カーブも自分のラインを取ってガンガン走る。最後のヘアピンも難なく通過!トランジットへ向かう。降車ライン手前で降りてトランジットへ入っていく。苦しいバイクパートが終わった。(つづく)

バイクラップ 1時間50分42秒
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。

初めまして。
高知市在住の還暦親父です。

愛南トライアスロン検索で入ってきました。
お疲れさまでした。

自分も昨年からトライアスロンを始めました。
昨年は何もかも初めてでしたので右往左往。
最初に選んだのが愛南コースで、それも昨年は悪天候、
下りでスリップ落車と散々な初トライアスロンでした。
怪我はしましたが骨折はないので何とか完走。

今年はリベンジの愛南でした。
天候も良くて怪我なく完走できたので良しとします。
来年もタイムアップ狙います。

失礼いたしました。

Re: はじめまして。

> まっこうさん

 こちらこそ、初めまして。愛南トライアスロン、お疲れ様でした。自分も3年前に始めて、今回が4度目のトライアスロンとなりましたが、愛南コースは魅力的で県外初大会として最高の1日でした。

 下りは雨だったら絶対落車しそうだなと思っていたので、今年は晴れてほっとしています。「今年はリベンジの愛南でした。」とのことですが、自分も来年リベンジしたい気持ちが大きくなっています。

 来年、参加の時はよろしくお願いします。

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!