FC2ブログ

2018 January Third Long Run 30.7km

ランニング
01 /21 2018
18012105.jpg

 ダルマ・ハンターの後は、窪川へと向かう。今日は、高知龍馬マラソンに向けて30キロ走を行うのだ。そして、3ヶ月ぶりの四万十30Kだ。体調は悪いが、どこまでいけるかやってみよう。四万十町は霧に包まれていたが、あっという間に晴れ渡った。

18012106.jpg

 しかし、気温は0℃で、途中の道路脇の表示計も-2℃をだしていた。でも、天気は良くて気温もこのぐらいだったらちょうどぐらいかな。集合時刻が近づいて窪川のTさんがやってくる。もうひとり、窪川Tさんのお友だちも合流して3人でキロ6分30秒ぐらいを目安に走り始めた。

18012107.jpg

 コースは四万十会館駐車場をスタートして窪川小学校、つまり四万十川桜マラソンスタート地点を通過してからマラソンコースの対岸方面へと向かう。すぐにJRの予土線と平行する形となる。気温が下がっていたせいか、

18012108.jpg
田畑は白くなっていて四万十ののどかな冬の景色となっていた。

すると!

18012109.jpg

 突然、足下が滑り始める。なんと、道路が凍っていたのだ。すでに時刻は9時を過ぎていたのに、まだ日陰はこのような状態だ。恐る恐る気をつけて走った。

18012110.jpg

 JRと併走すると列車とすれ違う。でも、この時間帯では希なことだ。この列車はくろしお鉄道のものだから中村方面から来たものだ。新幹線と会うためには時間調整が必要だね。

18012111.jpg

 と言っているうちに、若井沈下橋へと辿り着く。この沈下橋も数年前に台風で流されたが復旧したのだ。短く、川面に近く、後ろにJRが通っているので良い写真が撮れるかもしれない。

 ここからは桜マラソンのコースをひた走る。気温が上がってきて汗も出てくる。マラソン10キロ付近で家地川方面へと向かう。今回は、ここから四万十川沿いに走って国道へ戻ってから帰るコースにしたのだ。

18012112.jpg

 家地川は10年ぐらい前に小学校が休校となったところだ。家地川ダムについて論議が出たのも20年ぐらい前だろうか。ちなみに15m以上のものをダムと言い、それ以下は堰堤と呼ぶそうだ。だから、家地川にあるのは堰堤だそうだ。

 家地川駅にも行ってみた。ちょっと長いトイレ休憩の後、アップダウンのある南側の道を走る。そして、やってきたのは、

18012113.jpg

弘瀬沈下橋だ。国道を走っていると目にすることはないので、あまり知られてはいないが川面に近くて綺麗な沈下橋だ。ここで記念撮影をして、国道に出てから帰路につく。

 トンネルを抜けると前から走ってくる女性がいた。窪川Tさんの知り合いでなかなか速いらしい。このあと、別れた後にすぐに追いつかれて、抜かれてしまった。四万十川桜マラソンにも出るそうだ。あの走りならサブ4は確実だな。

 かなり疲労が溜まってきて休む回数が多くなってしまった。と言っても、疲れているのは自分だけだが、なんとか30キロをクリア!気持ちの良いランとなった。

18012104.jpg

 休んだ時間も入れると4時間近くかかったが、それだけ長時間体を動かしたことは良かったな。龍馬に向けては週末のロングと1週間前の現地走で仕上げしよう。さあ、ファイトだ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした。路面凍結のその道を走りたかったな~。
明日の代休日にロングを走ろうと思ってましたが、仕事がありそうもいきませんし、天気もよくありません。

夕方雨が上がる予報なので、ミドルくらいは走っておきたいなあ。

Re: No title

> タボさん

路面凍結したみちはツルツル滑って怖かったですよ~。でも、冬の田舎道は気持ちが良かったです。次の四万十30Kも計画しますね。

明日は東京のほうは雪とのことですが、高知はどうでしょうか?雨があまり降らなければ良いのですが。

30Kは、やっぱり体に来ますね。今、脹ら脛がぱんぱんです。

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2018年、再びガーデニングにのめり込んでいる。