高知龍馬マラソン2018参戦記 その2

ランニング
02 /20 2018
18021806.jpg

 号砲が鳴ってからは予想した通りで、すぐには走ることはできなかった。ところが去年は5分近くかかっていたが、今年は3分ぐらいでスタートゲートを通過することができた。(正確には3分18秒)その時に腕時計のストップウォッチをスタートさせようとしたが、なぜか反応しない。仕方がないので時刻表示に戻してラップを見ていくことにした。

18021805.jpg

 5キロまでの電車通りは混雑すると考えていたので、できるだけ余計な動きはせずに流れに身を任せながらキロ5分40秒をキープしようと考えていた。まだ、体が温まっていないので調子は上がってこない。ランナーも多かったが、沿道の応援も多かった。

18021807.jpg

 昨年はこの混雑の中を無理してジグザグに動きながら無理に追い越していって体力を使ってしまった。流れに身を任すなんて難しいが、人ごみの中で動きを予想して潜り抜けていくよりは簡単だった。なんせ、向こうから走ってくる人はいないから。エイドでは水とスポーツドリンク以外は極力取らないようにと考えていた。最初のエイドでスポドリを忘れたが、まあ序盤なのでいいかなと自分を納得させた。そうこうしているうちに5キロ地点を通過。

18021808.jpg

0-5km 28:31

18021809.jpg

 5キロを過ぎて少しずつ集団がばらけてきた。人口密度が下がってきたので走りやすくなってきた。そして、体も温まってきたので軽くなってきたような感覚が出てきた。スピードも上がってくる。

18021810.jpg

 潮見台のところで南に曲がる。直前に緩やかな坂を上がってきたが、全体的にフラットなのでペースも上げることができた。沿道の応援は途切れることがない。

18021811.jpg

 そして、トンネルの中にある10キロ地点を通過する。

5-10km 27:09

 昨年より1分速い!(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2018年、再びウルトラ100㎞に挑戦する!