我儘か…

YAZAWA
03 /06 2018
18030601.jpg

 【前代未聞】「矢沢のわがまま。」でライヴ音源アルバム 「LIVE HISTORY 2000〜2015 」を再ミックス!!

 このような見出しでHPにアップされていた。詳しくは下記の通りだ。(HPより抜粋)


 今から1年半ほど前の2016年7月、約15年ぶりとなるファン待望のライヴ音源アルバム「LIVE HISTORY 2000~2015」がリリースされた。タイトルの通り2000年~2015年の膨大なライヴ音源から厳選した32曲に、矢沢永吉自ら手をほどこし、生まれ変わらせた作品だ。
このアルバムに対して2018年の年明け早々、矢沢永吉から連絡があった。
「ミックスをやり直したい」
…前代未聞のこの内容。経緯はこうだった。
~アーティスト 矢沢永吉のわがまま・こだわり~
矢沢永吉は、全26公演の『TRAVELING BUS TOUR2017』を大成功で終え、年末年始を家族とアメリカで過ごした。矢沢は、多忙な中でも束の間の休暇を大事にする。
それは、その中で色々なアイディアがどんどん沸いてくることからでもある。今回もそうだった。
異国の地で、ライヴ音源アルバム「LIVE HISTORY 2000~2015」を聴いた。
「最高!」 何回も聴いた。そのうち、「もっとここのバランスをこうしたらますます良い!」ここも。ここも!…
こうなったら、動かないわけがないのが矢沢永吉だ。
帰国し、早速矢沢はスタジオにこもり、32曲の再・再ミックスを自らの手で行ったのだ。
2016年発売のCDは、素晴らしい作品に間違いはない。矢沢永吉も当然ながら納得してリリースしているし、実際に大絶賛をいただいている。それにも関わらずまた再び手を入れるのは、矢沢永吉自身は”矢沢のわがまま”と表現した。しかしこれは、どこまでも完璧を求める「アーティスト・矢沢永吉」の、”良いものを残したい!”と思う「欲」、「こだわり」以外のなにものでもないだろう。事実、再再ミックスされた音源は信じられなくらい生まれ変わった。
これから出荷されるCDはすべて差し替えられるが、既にご購入されているファンの方としては、更に生まれ変わった音源を聴きたいのではないだろうか。
そこで、これまでご購入いただいた方も、ご希望があれば新しい音源と無料で交換対応を実施!

DIAMOND MOONでの受付
■交換対応場所:東京赤坂「DIAMOND MOON」2階SHOP
■交換方法:『DIAMOND MOON』へ2枚組の旧盤を2枚ともお持ちください。
2階SHOPレジにて旧盤と交換で、新しい2枚組のアルバムをパッケージごとお渡しいたします。
※CD1枚の場合は、交換対応ができかねます。CDは2枚組みです。
※ご購入時のレシートは不要です。
※旧盤のお買上げ場所は問わず、全て交換可能です。
【DIAMOND MOONでの交換期間】
2018年3月9日(金)11:00~2018年6月3日(日)23:00迄

郵送での受付
3月5日(月)12:00~受付開始
上記ボタンから「shopping board)でお申込みをお願いします。
お申込の翌営業日以降に、旧盤の発送先ご案内メールが送信されます。
※YAZAWA CLUBやDIAMOND MOONへ旧盤をお送りいただきましても対応できませんので予めご注意ください。
【郵送でのCD無償交換期間】
2018年3月5日(月)12:00~2018年6月3日(日)23:59迄
※交換ではなく、新規お買い求めの場合、品番(GRRC-51-52)をご確認の上、全国のCD取扱い店もしくは、 ONLINE SHOPからお買い求めください。
※ONLINE SHOPでの取扱いは3/9(金)11:00~となります
※店頭販売は3/15(木)〜全国のCD取扱店より順次開始となります



 それにしても再リミックスとは驚くな。正直、視聴で聴いたけれど、感じるものがなかった。できれば第2弾ということで、未発表テイクを入れたものを出して欲しかったなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2018年、再びウルトラ100㎞に挑戦する!