2018 May 5th Bike 20.5km

バイク
05 /15 2018
18051512.jpg

 娘2を塾へ迎えに行ってから、MadoneでGo!コースは南を入れて西と東のセットをこなす。坂は不得意だ。南の坂なんて1㎞もないのにスピードは出ない。愛南は4㎞の坂がある。そこを4回行かねばならない。つらいがそれに向けて頑張るしかない。

2018 May 4th Bike 30.2km

バイク
05 /12 2018
18051207.jpg

 晴れて良い天気になって向かった先は、ドラゴンビーチだ。愛南に向けてスイムを開始しなければと思ってやってきた。ところが先客あり。どこかのチームのようだった。邪魔しちゃ悪いなと思い、先にバイクを行うことにした。

18051208.jpg

 海岸線に沿って桂浜方面へと向かう。平坦な道だったのですぐに速度30キロオーバーとなる。走りやすいけれど今日は30㎞を走ることにしていたので折り返しとなる15㎞までもがきながら漕ぐ。海岸線は気持ちが良い。青空と海なんて贅沢な風景だ。

18051209.jpg

 1時間ちょいで終了。戻ってきたらさっきのチームはいなかったので泳ごうと思ったが、次の約束の待ち合わせ時間に間に合話なくなると考え、今日のスイムは断念した。まあ、来週やろう。
 
18051210.jpg

2018 May 3rd Bike 18.4km

バイク
05 /09 2018
18050901.jpg

 遅い帰宅になったが、すぐに夕食を食べて、MadoneでGo!

 コースは西と東の混同だ。西の方が信号が少なくていいな。今度から西コースの周回にしようかな。

2018 May 2nd Bike 22.2km

バイク
05 /06 2018
18050601.jpg

 天気予報では昼から雨だ。だから、午前中にMadoneでGo!コースは昨日と同じだが、折り返しを少しだけ先に延ばす。1キロほど走ったところで、右から3台のチャリダーが前方にやってきた。先に行ってもらおうと間隔を300mほど取っていたが、だんだんと追いついてしまう。追い抜けば良いのだが、まあ先に行ってもらおうと停車して写真を撮ったりアクエリゼロを飲んだりして間隔の距離を伸ばす。しかし、追い返し直前で50mほどまで追いついてしまった。

18050602.jpg

 折り返してからは遭遇していないので、これから奥に向けてロングライドだったのかもしれない。長く乗るなら速度も上げずに行くから遅かったのかな。こちらの平均速度は、そんなに速くないからなあ。それにしてもまだまだだな。

2018 May 1st Bike 20.5km

バイク
05 /05 2018
18050501.jpg

 朝の草引きをした後にMadoneでGo!コースは西の深入り。ひんやりとした空気の中を走る。平均速度は徐々に上がってきている。なんとか30km/hまではもっていきたい。

18050502.jpg

 愛南に向けて鍛錬あるのみだ。

2018 April Last Bike

バイク
04 /30 2018
18043005.jpg

 雨が降りそうなぐらい曇ってきたので、午前中にバイクに乗ることにした。遅く起きた娘1に行ってくることを告げて、MadoneでGo!

 コースは西の深入り。いつもの折り返し場所には警察の方々が陣取っていた。取り締まりだったが、速度違反ほどはスピードを出すことはできないので安心だ。帰りは途中でぱらついてきたがすぐにやんだ。とにかく、足を回すことができたので満足かな。平均も少し上がった。

 次は4連休のどこかで乗ろうかな。

2018 April Shimanto Ride 19.6km

バイク
04 /29 2018
18042912.jpg

 GW前半の中日、朝5時半に家を出て四万十へ向かった。影野トンネルを出ると窪川は霧に包まれていた。しかし、十和方面に向かっていると次第に晴れてきた。桜マラソン以来のふるさとセンターへと向かう。

18042910.jpg

 エリを停めてMadoneを取り出す。ふるさとセンターから西へと向かう。こいのぼり公園には名物のこいのぼりの川渡しがなされていた。何度見ても圧倒される。歴史は古いが40年以上続けば伝説になるね。

18042911.jpg

 道の駅から国道から離れて川沿いの道を進む。対岸に渡りウルトラのコースを逆走する。先ほどのこいのぼりの下を通る。こちらから見ると高さは倍以上だ。道をチェックしていたが、どうやらOKのようだ。木陰も多いので走りやすそうだった。

18042908.jpg

 ふるさとセンターへと戻ってくる。待ち合わせまで、まだ時間はある。ゆっくりと準備をしておこう。

18042909.jpg

2018 First Bike 10.7km

バイク
04 /22 2018
18042215.jpg

 何ヶ月ぶりだろうか。バイクに乗った。もう、愛南まで2月を切っている。練習しなければ去年以上の結果は出せない。そう、自分に言い聞かせて初ライドを行った。

18042217.jpg

 稲は植えられ、日が沈むのは遅くなった。季節は夏に向かっている。

18042216.jpg

 走るときに怒る下腹の痛みは全く起こらなかった。使う筋肉は違うのだろう。さあ、これから頑張るぞ!

晴れたら…

バイク
10 /13 2017
17101301.jpg

 安芸・室戸パシフィックライド2017の案内が届いた。2年前に参加した大会だが、山越えと海岸線が苦しかったことが印象に残っている。雨だったしなあ…。晴れたら気持ちの良い大会だと思う。でも、今年も参加は見送ろう。


安芸・室戸パシフィックライド2017「大会概要」

主旨
高知県東部の地形条件を活用して、サイクリングイベント(ファンライド)を開催し、地域振興、スポーツ振興に
寄与することを目的とする。

主催
安芸・室戸パシフィックライド実行委員会

後援(予定)
高知県・(公財)高知県観光コンベンション協会・その他高知県内報道各社等

開催日
平成29年12月3日(日) 7:00スタート

会場
高知県 安芸タイガース球場前(安芸ドーム前)駐車場

受付
前日受付:平成29年12月2日(土) 14:00~17:00
当日受付:平成29年12月3日(日) 5:00~ 6:45
安芸タイガース球場前(安芸ドーム前)

内容
安芸タイガース球場前駐車場をスタート・ゴールとし、約145kmを走行するサイクリングイベント

参加予定 500名(申込の先着順)

参加費 8,000円

参加資格
①中学生以上の健康な男女で、コースの制限時間内で完走できる走力を有する者。
 ただし、18歳以下は保護者の同意を必要とし、中学生の参加は保護者同伴とする。
②大会規則・交通規則・マナーを遵守できる者。
③誓約書の内容を了承した者。

スケジュール
・大会前日 12月2日(土)
 14:00~17:00 参加者受付
・大会当日 12月3日(日)
 5:00~ 6:45 参加者受付
 6:45 注意事項等説明
 7:00 スタート
 17:00 フィニッシュ

注意事項
➀大会中における傷害については応急処置をとりますが、それ以後の処置については本人の責任で行ってください。
 医師などの治療費については、初診料より自己負担となりますので必ず健康保険証を持参してください。
②全てのコースにおいて、ピスト(トラック競技)用タイヤの使用は、安全のため原則禁止とします。
 なお、使用により発生した事故等について主催者は責任を負いません。
③申込み後の登録内容の変更、キャンセルはできません。また、過剰入金、重複入金の返金はできません。
④大会当日、天災(風雪や豪雨で警報発令の場合ならびに地震や火災等)で大会を中止した場合、
 参加料の返金はいたしません。
⑤大会出場中の映像、写真、記事、記録等のテレビ・新聞・雑誌・インターネットなどへの掲載権は、
 主催者および企画運営会社に属します。予めご了承ください。

大会規則
➀交通法規を逸脱した場合は失格とする。
②コース走行時は、警備員・大会係員の指示がない限り下記を遵守すること。
・一時停止場所、赤信号での確実な停止。
・車道の左側走行。
・並進走行の禁止(一列で走行すること)。
・その他、交通事故を誘発するような危険な走行を禁止する。
③走行時は警備員・大会係員の指示に従うこと。
④装備および自転車の形状について。 
・小径車(変速付きを除く)・リカンベント・ママチャリは不可。
・前後のブレーキが完備されていること。
・タンデム車をふくむ2人乗りの禁止。
・DHバーの装着は禁止。
・ヘルメットは必ず着用すること。
・ライト( 前照灯) の装着、トンネル内では必ずライトを点灯すること。
・グローブを着用すること。
⑤先頭を走る者は先導車を追い越さないこと。また、車両による伴走は禁止する。
⑥何らかの理由でリタイアする場合は係員に申告し、指示に従うこと。
⑦参加者同士または一般車両などとの交通事故が発生した場合は、直ちに警察、大会本部、係員に連絡し、
 その指示に従うこと。
⑧各エイドステーションで定める通過制限タイムを過ぎての走行はできません。
※以上の大会規則を守らず、大会係員からの警告を受けても改善されない場合は、
 参加を取りやめていただく場合があります。
HPより抜粋

STRADA SMART Second Bike 11.2km

バイク
08 /22 2017
17082205.jpg

 昨日の失態を反省して、今日は少しでも試しておこうと、夕方にMadoneでGo!夕食まで時間がなかったので、10キロほどにしようと落合橋で折り返す。

17082206.jpg

 最後は、軽トラに追いつこうとガンガン回してみたら40キロオーバーだった。心臓がバクバクだ。正常に反応してくれたので、メーターでスピードと距離を見ることができた。これは便利だが、長い時間バッテリーが持つかどうか心配だ。今度試してみよう。

17082201.jpg

 走った結果はSTRAVAのサイトにアップできる。これも今度やってみよう。

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2018年、再びウルトラ100㎞に挑戦する!