ソフトボールの新年会

ソフトボール
01 /11 2009
09011104.jpg
 楽しかったソフトボールの試合の夕刻、高田屋にて新年会を行った。

09011105.jpg
 ソフトボールのメンバーと気の会う仲間が集まり、愉快に歓談する。試合の後にこのような宴が行えるのは月曜日が休みのおかげだった。
 高田屋にはいると、店員さんに席に案内されたのだが、迷路のような高田屋の中を奥へ奥へと進んでいく。そして着いたのは一番奥の部屋だった。6時から始まる2時間飲み放題のコースを頼んでおいたのだが、6時が待ちきれず注文することにした。ところが、呼んでもしばらく来ない。やはり、一番奥だから来るのが遅いのかな?結局6時を過ぎてしまったが、飲み放題開始で1杯目の飲み物を頼んだ。ところが、それも来るのが遅い。そこで、次から多めに頼むようにした。飲み終わってなくても「生7つ!」と毎回頼んでいたらめちゃくちゃ飲んでしまった。しかし、今日の試合のことや近況など楽しく話をしながら、サントリープレミアムを飲むと、のどにすうっと通り、今日のエラーのことを忘れさせてくれる。

09011106.jpg
 料理の鍋や刺身を食べるとこれもなかなかおいしかった。そして最後は高田屋名物のおそばでしめをした。

09011107.jpg

 その後は25番さんの行きつけに移動して、大いに盛り上がる。テキーラで乾杯!

7-3でウキウキ!守乱でガックリ

ソフトボール
01 /11 2009
09011101.jpg

 今年最初のゲーム!朝から車を東へと走らせ、たどり着いた県青少年センターは、朝の冷たい空気に包まれていた。実は始める前は憂鬱だった。メンバーが一人足らず、相手チームに借らなければいけないのだ。相手チームにお願いすることは気が引けるが試合をキャンセルするとリーグ自体にも迷惑になってしまう。前日に主催者に連絡して了承してもらった。

 さて、ゲームの方だが、2試合で28点取られるという大負けの試合だった。なぜこんなに取られてしまったのか?ほとんどがエラーがらみであり、そのほとんどは自分だった。ひどいものだ。2試合目などは足がついていけず、フライの落下地点を通り過ぎて踏ん張りが利かなかったのだ。それでも盛り上げてくれるチームメイトには本当に感謝する。この課題を克服するためには練習あるのみ!「練習は嘘をつかない!」誰の言葉だっただろうか。やるしかない!
09011102.jpg

 打撃の方は2試合で7打数3安打で打点3と好調だった。相手のエラーなどもあって出塁は4度と塁上にいることも多かった。そのせいか、2試合目には左膝が攣り始めていた。しかし、第1試合の第1打席は満塁で回ってきて、右中間へ2点タイムリーとなったので、その後は気持ちよく打てたのだと思う。この感触は忘れたくないものだ。
09011103.jpg

RUN WITH FOX 2009

ソフトボール
01 /04 2009
hinode01.jpg
 2009年が明けた。今年のリバーフォックスはどんlな1年を送るだろうか。昨年は試合数も激減し、年末の門田杯では惜敗と言うよりも惨敗感だけが残ったように感じる。悔しい気持ちをリベンジに向けて、そのために何をしなければいけないか考えなければならない。
 
 今年の目標としては年末に優勝することだが、それまでに試合数をこなして試合感を取り戻しておかなければいけない。そのためには人数不足で棄権ということだけは避けたい。もちろん、いろいろな所用が重なって人数がそろわないのだが、管理者自身も気持ちをソフトボールに向けてがんばっていきたい。「ここに来れば楽しい」という気持ちに誰もがなれるような場を作っていこう。

UA BREAK SLIDER

ソフトボール
12 /15 2008
08121501.jpg
 土曜日、日曜日のソフトボールに備えてスラパンを買った。今まで使ってきたのはもうはるか昔、8年ほど前に購入したものだ。すでにゴムがゆるくなっていたので、今回、新調した。

08121502.jpg
 このスラパンは説明ではいろいろと書いてあるが、非常に軽いということが特徴だ。もちろん、夏場も使うので通気性に優れていなければいけないのだが、この季節は保温して欲しいなあ。ちなみに現物はリアルすぎるので写真はひかえた。

サードゴロ

ソフトボール
12 /14 2008
 今日は久しぶりにリバーフォックスのソフトボールの試合だった。実は、赤を基調としたユニフォームのマイナーチェンジの初日でもあったのだ。全身から赤色を発しながら歩く姿は燃える闘魂と言いたいところだったが、誰が言ったか「還暦の色かなあ。」と。確かに後10年以内に迎える人もいるのだが、まだまだ若いのだ。

08121402.jpg
<キャッチャーのレガース等も赤色に変更した。まさに赤色尽くめ>


 さて、試合の方だが3チームのリーグに入って、3チームともに1勝1敗に並び、さらに得失点差でも並ぶという大混戦。結局、総得点でわずか1点下回り予選敗退となった。
 2試合目は2点差以上の差で勝たなければいけなかった。2回に5点のリードをひっくり返され劣勢ムードになったが、再逆転に成功し、1点差で制限時間が迫っていた。裏の相手の攻撃をしのぎ、後20秒というところで新しいイニングに突入した。ヒットのランナーを3塁まで進めたところで管理者24番が代打で登場。2-2のカウントから思い切りバットを振った。しかし打球はサードのミットにおさまり、万事休すかと思われた。が、何が起こるかわからないので、1塁に向けて必死に走る。すると、3塁からの送球は大きくそれて、なんとセーフになった。もちろん、3塁ランナーはホームインで2点差がついたのだ。これで、裏を押さえれば勝負ありだったが、相手の攻撃を抑えられず1点を取られ、勝利は収めたが予選敗退となった。

 悔しさいっぱいだったが、次の大会での勝利を誓い、帰路についたのだった。

インジケーターにペイント

ソフトボール
12 /09 2008
08120901.jpg
 先日、購入したインジケーターにペイントした。もちろん新しいロゴマークだ。このマークをつけることで、自分たちの持ち物だということが一目でわかる。名前を書けば良いではないかと思われるかもしれないが、ここは粋なものにしたい。少しでも凝っているなということが伝わればいいのだ。

インジケーター

ソフトボール
12 /05 2008
08120501.jpg
 インジケーターを購入した。ソフトボールの審判を行うときに必要なものだが、今までこの道具の名前は「カウンター」とばかり思っていた。オーソリティのブランド物で、499円と比較的安い。「試合観戦を2倍楽しく」とパッケージの表書きにあったので、どういうことかなと思い、裏を見てみると「インジケーターは審判だけのものではありません。」と表記されていた。下の説明を読んでみると、試合観戦をするときでもこれを使えばより臨場感のある試合観戦ができると書いてあった。
 ベンチで試合を見ていてもイニングの攻撃が長くなったりした時には緊張感が薄れ、試合展開を読めなくなってしまうときもある。そんな時には便利だろう。でも、試合に集中していなかったらちょっと問題だなあ。

UA COLD GEAR MOCK TURTLENECK

ソフトボール
11 /02 2008
08110201.jpg
 以前購入したUA MOCK TURTLENECKのコールドギアを購入した。

 このアンダーアーマーは冬場のトレーニングにも使えそうだ。アンダーシャツというだけでなく、これ一枚でランニングに使用できるかもしれない。伸縮性には優れていて、体にフィットしてくれる。また、軽量で、持った時も重さを特に感じない。
08110204.jpg
 裏地は起毛しており、まるでフリースのようにも感じる。ヒートギアから比べれば厚手なのだが、寒さは防いでくれそうだ。実践テストを早くしてみたい。
08110202.jpg
 襟元のロゴがクールだ。
08110203.jpg
 背面にはナンバー記入用のシートが貼り付けられている。

またもや

ソフトボール
08 /02 2008
08080205.jpg
 大手筋に近づくと大きな看板が目に入ってきた。いよいよ1週間後に迫ったよさこい祭りだが、年々参加チームが増えている。やはり、高知を代表する祭りなので、参加したチームもリピーターとして何度も参加するのだろう。今年は、13日に花火大会があるので見に行こうと思う。去年の二の舞にならないようにしたいが。

 さて、ソフトの試合が明日にあったのだが、我がチームは残念ながら参加できなかった。理由は人数不足である。ここ何ヶ月か同じ理由で参加ができないでいる。前回は6人、今回は7人だから増えていることはいるのだが。リーグの責任者からの連絡が3日ぐらい前に入るのだが、出るのが少しつらい。同じような理由で断り続けている自分が後ろめたく感じる。こんなことではいけないのだが…。

AG7 CNVRSN 3/4 HI MEN

ソフトボール
05 /06 2008
 日本で見つけたSHOX GRIFFEYだったが、さて、そうなるとどうしても欲しくなるのがこのモデルのスパイクである。それがAG7(AIR GRIFFEY 7の略だと思う)だが、これは日本未発売。買うのなら輸入するか、アメリカに買いに行くか。簡単にできそうにない。あきらめるか。でもあきらめたくないと思っていたら、奇跡のようなことが起こった。

 久しぶりに会った知り合いの人がだんなの実家へ帰省するというのだが、そのだんなはアメリカ人。しかもロスで遊んで行くという。ここからはその人とのやり取り「ロスでロデオドライブ行く?」「行くよ。なんか買ってきて欲しいが。プラダ?グッチ?」「いらん、いらん。それよりロデオの入り口にナイキタウンがあるき、スパイク買ってきて。おねがい!」「いいよ。サイズとか詳しく教えちょいてね。」もう、うれしくて、うれしくて。帰ってくる1ヶ月後が待ちきれないくらいだった。

 そして、1ヵ月後、AG7は管理者の手に入ったのだった。
AG702.jpg


AG701.jpg
SHOX GRIFFEYと同じデザインのアッパー
AG704.jpg
シルバーの上下は上がバックスキンで下が普通の革
AG703.jpg
後からのデザイン 下の方にAIRの刻印が
AG706.jpg
スイングマンの文字が今回はアッパー後下部に
AG708.jpg

AG707.jpg

AG705.jpg

管理者24番

 管理者24番は興味のできたことにのめりこむタイプ。土佐の高知・須崎でランやガーデニングなどにのめりこんでいる。2017年、新たな挑戦に向かっている!